これでピカピカ!IH調理器具を簡単メンテナンス

やってはいけない!IH調理器具に対するNG行為

要注意!IH調理器具に対するNG行為

導入したIH調理器具をキレイに使いたいからといって、天板にアルミホイルや防汚シートを張り付けていませんか?火を使わないから火事の恐れもないし安全だと思って、設置される方が多い様ですがこれはIH調理器具を故障させる原因の一つだと言われています。
また鍋に伝わる熱量も低くなりますので、結果的に調理に時間がかかってしまい電気代が高くなってしまうケースもあります。
このような通常の使い方からかけ離れた使用方法を続けていると、IH調理器具の寿命を早めてしまうだけではなくトラブルが生じた際の保証が効かなくなる恐れもあります。
保証が適用されないと修理を受けられない、または有償修理になってしまう可能性もあるといえます。

IH調理器具にトラブルが?

普段通り使っていたと思ったら急にトラブルが発生してしまった。そんな場合はどうすれば良いのでしょうか?
まず最も多いとされるトラブルの一つとして、天板のひび割れが挙げられます。原因は定められた重量以上のものを乗せる、またはIH非対応の調理器具を使って調理をした場合が挙げられます。
続いてはIHヒーターの不備、モーター音が大きくなったといったシステムが壊れてしまったケースです。これに関しては自然故障もありますし、使い方による不備もあります。
これらの不備を見つけたら、自力で直そうとは思わずに出来るだけ早めに専門業者へ相談する事をお勧めします。IH調理器具は精密機器ですので、素人が直そうと試みる事で更に不備を招いてしまう事があります。